私たちの強み
~クロスカルチュラルデザイン~

クロスカルチュラルデザインとは

長年にわたり多くの外国籍人材を雇用し、仕事・生活の両面にわたって日本への適応を支えてきたインタラックグループの実績と、人の「モチベーション」という目に見えない領域に独自の視点を持って切り込み、「実効性」と「再現性」を提供するリンクアンドモチベーショングループの技術が、私たちリンクジャパンキャリアの持つ強みです。

 

異文化接続ナレッジ

●特徴

民間ALT事業者におけるシェア
50%以上

全国468の教育委員会、
約3,350名のALT配置実績

海外6拠点・26都市の
採用ネットワーク

1972年に創立された株式会社インタラック(現株式会社リンク・インタラック)グループは、ビジネスパーソンの「内なる国際化」を支援するパイオニア企業として、1,400に及ぶ企業・官公庁の国際人育成に携わってきました。現在は公教育へのALT配置・派遣事業のトッププロバイダーとして、日本の英語教育インフラをリードすべくALTのサポートにも力を入れています。

日本各地の教育現場で活躍する自社の外国籍人材の数は約3,350名、出身国も80か国以上におよびます。子どもたちの教育現場を安心して任せられる、意欲と適性を備えた外国籍人材を、世界中から募ることのできる「採用力」。文化や価値観の違い、教育者として望まれる態度や知識を適切に伝えられる「育成力」。不安を抱くことなく、安心して職務に専念できる環境を提供する「支援力」。

外国籍人材が安心して活躍できる環境を築くために必要なこれらの機能を、ワンストップで提供できる体制を備えていることは、私たちの大きな強みです。

●外国籍人材の労働市場を取り巻くデータ

*当社による統計

モチベーションエンジニアリング

●特徴

東京証券取引所
市場第一部に上場

(証券コード:2170)

業界を問わず、従業員の
エンゲージメント向上を
目指すリーディングカンパニーを支援

6,620社、157万人以上の
組織診断サーベイの
データベース

親会社である株式会社リンクアンドモチベーションは、モチベーションを切り口とした世界初のコンサルティング企業として、2000年に創業しました。独自の「人間観(ヒトは限定合理的な感情人である)」と「組織観(要素還元できない協働システムである)」によって支えられた、「モチベーションエンジニアリング」という基幹技術によって、業界を問わず、従業員のエンゲージメント向上を目指すリーディングカンパニーの変革を、組織開発・人材開発の両面から支援しています。
※詳細はリンクアンドモチベーションのHPからご確認ください。

リンクジャパンキャリアは、「実効性」と「再現性」にこだわる基幹技術によって、高品質のサービスを常に安定して顧客に届けていくことをお約束いたします。

モチベーションエンジニアリングとは
経営学、社会システム論、行動経済学、心理学などの学術成果をもとに生み出された、リンクアンドモチベーション社独自の技術です。
顧客が抱える問題をあぶりだす「診断技術」と、診断によって明らかになった問題を実際に解決する「変革技術」の2つによって構成されています。