社長メッセージ


現代社会における日本の労働環境


人口減少時代を迎えた日本社会にとって、労働市場からの外国籍人材への期待や注目は年を追うごとに高まっています。急増する訪日観光客への対応など、外国籍人材が街中で働く姿を見かけることも既に日常になりつつあります。 一方、日本で働く外国籍人材に対して行った調査結果によると、「日本で働くことに魅力を感じられない」という回答が、実に3分の2以上を占めているということです。現在国内で働く外国籍人材の数は約166万人、日本の総人口に対してわずか1.0%。日本社会が再び活力を取り戻すために、外国籍人材が安心して活躍できる環境を整えていくことは、喫緊の課題となっています。

(出典)平成27年度 経済産業省委託調査 「内なる国際化」を進めるための調査研究 報告書
    厚生労働省「外国人雇用状況」の届出状況表一覧(令和元年10月末現在)



クロスカルチュラルデザインが浸透する世界へ


外国籍人材が日本で働き生活する上での安心を育むためには、日本の文化や生活習慣を理解してもらうと同時に、それぞれの国や地域の文化や生活習慣の「違い」を「強み」として活かすためのサポートを構築する必要があると、私たちリンクジャパンキャリアは考えます。そして、そのサポートを実現する技術を、私たちは「クロスカルチュラルデザイン」と名づけました。
(※商標登録済み。詳細は私たちの強みページをご覧ください)

「クロスカルチュラルデザイン」を外国籍人材に関わるすべてのステークホルダーに浸透させ、世界中の才能ある外国籍人材がこぞって「働きたい」と魅力に思える日本社会を築いていくこと。それがリンクジャパンキャリアのミッションです。